全国TG会の報告

東海支部総会・懇親会が開催されました

2018/07/07

7月1日の日曜日午前11時より名鉄グランドホテルにて、同窓会東海支部総会・懇親会が開催されました。
幹事長の林 敏明氏の司会進行により始まった総会では、中西支部長が挨拶を行い、議事審議に入り、会務報告・決算報告が承認。総会終了後参加者一同で記念撮影を行い、校歌を斉唱し讃美歌312番を賛美しました。続いて支部長の中西利美氏の挨拶、湯本良次榴ケ岡高校校長より母校の近況報告をしていただきました。

そして、佐藤副支部長の乾杯発声で懇親会が開始されました。今回の総会には、初出席した大塚裕司氏昭和54年卒の方も含め、23名の同窓生が集い、昔話に華を咲かせました。特に昭和20年代・30年代にご卒業なされた大先輩の、母校愛に満ち溢れたお言葉には非常に重いものを感じ、132年の歴史を刻む母校と99年の東海支部の歴史は同窓生の愛で長く継承してきたことを実感いたしました。

母校より出席いただいた日野 哲理事(元同窓会副会長)には「同窓会の交流と『東北学院時報』」と題したミニ講演を行って頂きました。その後に出席会員全員で近況報告を行い、当初指名があった渡部幹事に代わり急遽支部長の中西利美支部長の音頭で一本締めを行い、会はお開きとなり、再会を約束して散会しました。 参加年齢層も幅広く、和気あいあいとした和やかな懇親会で、昭和25年卒藤田昭吉氏から平成10年卒の水谷祐介氏まで(昨年は平成16年卒の岡崎真也氏でありましたが人事異動により仙台に戻る)、年齢の垣根を越えたすばらしい東海支部の懇親会となりました。