東北学院同窓会

1903(明治36)年の6月に仙台に在住する卒業生11名が書籍(図書)室に集まって同窓会の組織について協議し、同年11月25日に東北学院同窓会が設立されました。初代の同窓会長に出村悌三郎氏が就任し、設立当時の会員は24名でした。今日では182,154人の同窓生が日本国内にととまらず世界各国で活躍しています。

東北学院同窓会は、東北学院の同じ学び舎(中学校、高等学校、榴ケ岡高等学校、大学、大学院)を巣立った全ての卒業生で組織し、「東北学院建学の精神にもとづき会員相互の親睦と研鑽を図り、母校の発展に寄与する」ことを目的に活動しています。現在では、住居又は勤務地が同じ地域で組織する支部が87、また主に職域を同じにするTG会が121あります。

東北学院同窓会ホームページは、18万3千人が繋ぐTGコミュニケーションとして会員及び支部・TG会間の情報伝達をスムーズにし、かつ母校の現状をタイムリーにお伝えするものです。東北学院同窓生の皆様方には、日々の生活において東北学院同窓会ホームページをご活用していただければ幸いです。